取り扱い印刷・加工

取り扱い印刷・加工

加藤紙器では、以下の印刷・加工が可能となっております。

フレキソ印刷

フレキソ印刷は、主に段ボールへの印刷に用いられる印刷方法です。凸版印刷の一種で、樹脂版を作製し、軽い圧力をかけながらスタンプを押す様に印刷します。
インキは水性で、標準色を取り揃えております。

シルクスクリーン印刷

弊社では、主にプラ段への印刷方法としてシルクスクリーン印刷を用いています。版は印刷部分がメッシュ状となっており、インキがメッシュを通って素材に印刷されます。

オフセット印刷

板紙や用紙への印刷はオフセット印刷で行われます。単色~CMYKの4色、特色などのインキを使用し、写真等のフルカラー印刷や微細な文字等の細部の表現が可能です。
グロスまたはマット調のニスをのせることができます。

インクジェット印刷

主にラベルシールやポスター作成で用いる印刷方法です。版不要で印刷が可能です。使用インキはCMYK4色に加え、ホワイト、シルバーの特色を重ねることもできます。出力機にカッター刃が搭載されており、印刷に合わせた特殊な形状のカットも可能です。主にラベルシールの作成に用いられます。

UV印刷

UV(紫外線)で硬化するインクを使用したインクジェット印刷で、厚さ5cm以内であれば、アクリル、アルミ複合板など様々な素材に印刷が可能です。CMYK4色に加え、ホワイトを重ねることができます。版を作成せずに印刷が可能なため、サンプル印刷や小ロットの印刷、看板やパネル印刷に適しています。

箔押し

高級感や存在感を出すのに最適です。金属製の版を用いて、金属箔や顔料箔を熱圧着で素材に転写します。

ラミネート加工

主に看板、ステッカー等の耐久性を上げるための表面保護の目的で使用されます。耐水性、UVカット機能があり、屋外使用等での印刷面へのダメージを防ぎます。
粘着性のあるラミネートフィルムを、圧力をかけながら素材に貼り合せます。

☆カットのみの加工もご注文可能ですので、サイズや形状などをご指定の場合はお気軽にお問い合わせください。

※印刷・加工の種類についてさらに詳しく知りたい、相談したい方はお気軽にお問い合わせください。